2014年07月18日

ヘッドライトの話。マナーとか裏技!?とか

夜釣りをする上で、ヘッドライトは明るいに越した事はない。
テトラでの移動とか地磯歩きとか足場の悪い釣り場などではヘッドライトが暗いのは命取りです。
IMG_3781_480_2.jpg
暗闇に潜む危険の図。
 
 
 


 
 
でも、海面に光が漏れることを嫌う人もいて「海面照らしたら魚散ってまうやろがごるぁ!( ゚д゚)」と憤慨される方もいらっしゃいます。

逆に、そんなことで魚は散らないYO!(・∀・) って言う人もいるし、魚が散るってのと釣れないってのは別の話である(`・ω・´)キリッ って人もいる。

また、プロと呼ばれる人達もベイトチェックのために海面を照らすのは、確実な釣果を得るための重要なプロセスとして至極当たり前に行われる事もある様です。

散るか散らないかは魚種によって違うかもしれないし、海の色や月の光量、常夜灯の有無、魚の活性や泳層などなど状況によっても違うかもしれない。

何が正解なのかはわからない。


でも。
「嫌だ!やめて!」と言ってる人がいる以上はやめた方がいいんでないの??って思います。

“照らすと散る派”の人が自分の釣座に出来るだけ灯りを溢さない様に、慎重に慎重を重ねて息を殺してがんばってるところに、後から来た人間に ウヒョォ!魚がウジャウジャいるZ! m9(・∀・) みたいにピカピカ照らされたりすると
ゴ━━━━(怒゚Д゚怒)━━━━ルァ!!
ってなるのはちょっと考えればわかること。

魚が散ったら移動すればいいじゃん!っていうルアーマンと、どっかり腰を据えて魚を寄せてるエサ師とでもその辺りの意識はかなり違ってくるのかもしれない。


あと、顔照らし系。

「こんばんわー♪釣れてますかー?(・∀・)」と爽やかにピカチュウビーム食らわしてくるあんちゃん。
挨拶してくれるのは嬉しい。だがしかし!
人の顔を照らすなっちゅうねん( ̄▽ ̄||) 照らされた方はイラっとするだけでなく、目が眩んで危ない。ぶっちゃけ挨拶どころではない。


他にも意外と気付かないのが、ガイドに糸を通す時とか竿先の糸絡みを取る時とかリグり直す時とか。光が海面や隣の人に直撃してることがあるので、ちょっと注意した方がいい。

まぁ、趣味でやってんだからあんまり神経質になるのもつまらないんだけど。嫌だって人がいるんだから、そこはちょっとお互いのために気を付けようねって話。


でまぁ難しいのは多くの場合、そこに「悪意」がないってこと。

基本的に、誰も釣り場を荒らしてやろう!とか、あなたの釣りの妨害してやろう!という気はサラサラない(はず)。誰だってトラブルは御免だし、楽しく釣りがしたくて来てるわけで。

そもそも、夜中にヘッドライト付けて真っ暗な海に来てる時点で釣り大好きド変態確定です。あなたと同じカテゴリのお仲間さんです。変体同士仲良くしましょう。(笑)


じゃあなんでこんなことが起こるのか?

全てを理解した上で、強い信念を持って海面を照らしてる人ってのはごく僅かじゃないかと。

ほとんどの場合は、単純にそこまで考えてないとか、そういう事に意識が向いていないだけだったりとか、そんなに嫌がる人がいるとは知らなかったとか、そんなつもりはなかったとか、そんな程度じゃないかなって。

だから、こんな自己満糞尿カスブログでも一応は情報発信者の端くれとして、こういう話題にも触れておかないといけないかなぁ、って思った次第でして。正直、この手の記事は荒れることが多いからあまり触れたくないんだけれども。

考え方は人それぞれだし、全ての要因を網羅して万能な解決策を提示なんてできっこないから必ず御幣が生まれて揉めるわけでして。(汗)

そんなのきれいごとだ!m9(・∀・) とか、
この偽善者め!m9(・∀・) とか、
おまいにサンが救えるのか!m9(・∀・) とか。

せやけどね。 気持ちよく釣りしたいじゃないですか。そんなしょ、ショ!ーッヒョオッホーーー!!もないことでェえ!争いたくないじゃない……ッウ、ック。 夜釣りに慣れたベテランやと周りに!!気を!ウグッブーン!!配る余裕が!あるかもしれないけど、ウェエ、不慣れな初心者にとってッハアアアァアーー!!自分の、ことでェえ!いっぱいいっぱいだったりするんですぅーー! せっかく!釣りに興味を! ゥ持っデーーヒィッフウ!! ア゛ーハーア゛ァッハアァーー! ッグ、ッグ、ア゛ーア゛ァアァアァ、ワクワクドキドキしながら夜釣りに来た初心者!さんがね゛ぇ!訳もわからずおっさんに!!怒鳴り散らされでイェーヒッフア゛ーー!!! ……ッウ、ックトラウマに!!なるのとか見でイェーヒッフア゛ーー!!! ……ッウ、ックられないじゃないですかーーー!。ア゛ーー こんな自己!満糞尿ォ!カスブログでも見でイェーヒッフア゛ーー!!! ……ッウ、ックくれてる物好きな人もいるみたいだから!ウェエ、目に留まれば、あ、そういうのを、嫌う人もいるのかって。次ッヒョオッホーーー!!から気を、つけようって思う人もいるかもしれない。 だから ウーハッフッハーン!! ッウーン! あえて!触れてウーハッフッハーン!! ッウーン!みました。

はぁはぁ…。取り乱してしまいました。

一方で、やはり大前提にあるのは「安全第一」であるということ。
安全を確保するために海面を照らす(ライトを海側に向ける)事が必要な状況も起こり得ることは互いに念頭に置いておかなければならない。

自分が安全な場所で釣りをしているからって隣の人も同じとは限らない。視力が良い人にはどうってことのない状況でも視力の悪い人には怖い場面だってあるかもしれない。体調が悪くてフラフラしてる人だっているかもしれない。

他人のそんな事情までわからないじゃない。

だから、頭ごなしに ゴ━━━━(怒゚Д゚怒)━━━━ルァ!! ってカッカするのもいくない。


つまり。
互いに相手を想いやる気持ちが大切なんじゃないかなと。

マナーってそういうもんだと思うんすよね。エヘ




と、ここまで書いておいて(笑)

じゃあお前はどうなんだと。

僕は海面を照らすと「魚は散る」と考えてます。少なくとも警戒心を与えることになり、平常ではなくなると思ってます。

でも、安全上必要であれば海面も照らすし、周りに人がいない事が確認できれば海の色のチェックやベイトのチェック、ストラクチャーの位置チェックなどで海面を照らす場合もあります。瞬間的に、パッパとですけど。

当然、釣果より安全を優先するし、どんな状況かわからないまま闇雲に投げるよりも例え一時的に魚が散ったとしてもある程度は状況を把握して目的を持って挑みたいから、というのが理由です。

また、ラインや穂先に出る僅かなあたりを拾いたい時なども光量を最弱にして、穂先を照らしながら釣りをする場合もあります。これも周りに人がいなければの話ですが。

でも、これについては常にジレンマがあります。それは、

・ライトを付けると魚は散ったり警戒する(かもしれない)が、
 ラインや穂先に出る僅かなあたりを拾うことが出来る。

・ライトを付けなければラインや穂先のあたりは見逃すが、
 警戒心の薄いアグレッシブな魚のあたりが手元まで
 ダイレクトに伝わる(かもしれない)。

釣果的にどっちが良い結果を得られるかはわからないし、どちらが楽しいのかも人によるでしょうけど。僕はどっちの釣りも好きです。


で、常々思ってたのが、魚が散らないライトってないのかな?と。それがあれば釣り人同志のしょーもない衝突も避けられるし、安全確保できるし、魚も散らないし、良いことずくめなのにな、って。

そんな時、衝撃の動画と出会ってしまいました。
うおみオンラインさんがYouTubeで配信している
「集魚灯の色【水中映像】」というタイトルの動画。



こここれは!( д) ゚ ゚
白色LEDから赤色LEDに変えた途端すごいことに…。

先にも書いた様に、状況にもよるだろうし、この時はたまたまだったのかもしれないけど、色というか光の波長の長さとかってかなり影響してるんじゃないかと。

それに、水中で固定して照らすのと水上からチラチラ照らすのとは違うかもしれないし、ヘッドライトは集魚灯ではないけれど、これをヒントに験(げん)担ぎで赤色LEDを使う様にしてみたところ…

イイ感じ!!な気がする。(笑)

5月頃からのメバルの釣果写真とか見てもらうとわかるものも一部あるかと思います。

機会があればぜひ、お試しあれぃ♪

た だ し!
釣り場にはこの事を知らない人もいるだろうし、知ってても受け入れられない人もいるだろうし、考え方は人それぞれなので、不要なトラブルを避けるためにも周りに人がいる時は止めた方がいいでしょう。



また、ヘッドライトを選ぶ時は、色だけでなく、ちゃんと基本性能としてできるだけ明るい物を選びましょう。明るさ調整や照射角度が調整できるものが良いです。

今僕が使ってるのは「ジェントス ヘッドウォーズ HW-777H」という物で、赤、青、緑のLEDに切り替えれる超お値打ちヘッドライトでおすすめです♪

↓詳しくは過去記事で紹介してるのでご参考ください♪(^^)

ヘッドライト「ジェントス ヘッドウォーズ HW-777H」をポチっとな♪
http://waruikogum.seesaa.net/article/312813209.html




ではでは〜♪

 


 

posted by HEYっち at 09:09 | 大阪 ☁ | ツッコミ(5) | TrackBack(0) | 釣りの話とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事にツッコむ
お名前(ハンドルネーム): [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

ツッコミ: [必須入力]

この記事へのツッコミ
なっが!( ̄▽ ̄||)
Posted by HEYっち at 2014年07月18日 18:31

「この釣り場・・・夜釣りを変えたい」
ってことですね。
県議いけるんじゃないですか(・∀・)ノ

いやぁ、確かに初心者としては
海面照らしていいのか悪いのか
とっても悩ましいところです

僕もダメっぽい気がしてたのでしないんですが
ガツガツ照らすオッサンもいますし
結構やり手ルアーマンぽい人でも
ベイトチェックしてますし
時と場合でしょうね・・・

赤色LED、試す価値ありですね(^^)




Posted by 釣りダディー at 2014年07月19日 08:48
>釣りダディーさん
そういう問題ッヒョオッホーーー!! 解決ジダイガダメニ! 俺ハネェ! ブフッフンハアァア!! 誰がね゛え! 誰が何を書いデモ゛オンナジヤ、オンナジヤ思っでえ! ウーハッフッハーン!! ッウーン! ずっと見てきたんですわ! せやけど! 変わらへんからーそれやったらワダヂが! 書いて!  文字通り! アハハーンッ! 命がけでイェーヒッフア゛ーー!!!

しつこい (._+ )☆\(-.-メ)

個人的には個々の判断で好きな様にするのが良いと思うんですけど、まぁ嫌がる人もいるんで注意しましょうね♪って言いたいだけの記事なんですけど、こういうこと書くと何故かウガーッって怒りだす人がいたりするんで、石橋を叩きながら書くとこんなダラダラした記事になってしまいました(笑)

赤色LEDは、集魚効果まではわかりませんが、確かに白の時より散ったり警戒心が強くなったりってのが少ない気がします。周りに人がいない時にお試しください(^m^)
Posted by HEYっち at 2014年07月19日 12:35
こんにちは。

今回の記事、熟読させて頂きました。
(取り乱し部分は斜め読みで 笑)

HEYっちさんのお考えほとんどに同感です。
釣りのマナー的なものについては、
「知らず」やってしまう人がほとんどだと思います。
怒る人の気持ちもわかりますが、
悪意が無い人に対しては接し方を気をつけるべきだと思いますね。

わたしの場合、海面を投光器で照らして
アジやタチウオを釣るときもあるし、
ヘッドライトを敢えて消して夜のチヌ釣りをするときもあります。
どちらの気持ちもわかります^^
Posted by CFマスター at 2014年07月22日 17:02
>CFマスターさん
そうなんですよね。散る魚もいれば集まる魚もいる。
誰が何狙おうが自由だし、お互い趣味でやってんだから
そんなカッカしなさんな( ̄▽ ̄)って記事でした(笑)
まぁでも、どっち派の人もお互いが気持ちよく
釣りがしたいものですね( ^ω^ )
Posted by HEYっち at 2014年07月23日 13:06






この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。