2012年05月28日

親父と兄貴と磯釣りへ 2012


今年も親父と兄貴と潮の岬へ磯釣りに行ってきましたよっと♪

120527asika002s.jpg

昨年の釣行記はこちら。
親父と兄貴と磯釣りへ〜愛すべき外道達〜

日時:2012/5/27 AM5:00〜AM10:30頃
天気:薄曇り
潮汐:小潮(干3:21〜満9:00〜干15:40)
場所:潮岬の沖磯(アシカ)


■3人での釣果
IMG_4455s.jpg

メンドリ(オキナヒメジ)×4匹(ズボ)
グレ(メジナ)     ×5匹(フカセ)
ササノハベラ      ×2匹(ズボ)
ガシラ(カサゴ)    ×1匹(ズボ)
タカノハダイ      ×1匹(ズボ)

計13匹(その他いくつかリリース)


 
 
 


 
 


前夜22時頃わしん家集合して
わしの車で潮の岬へGo!

スイスイ走って夜中1時頃到着。
4時まで車中泊。

でも楽しみ過ぎて全然寝れねー!
わしゃ小学生か( ̄▽ ̄)


朝4時。
結局一睡もしないまま渡船屋へ。

何やら今日は台風2号の影響で
ウネってるので船出ないかも、とか。。

海を見下ろすとこんな感じ。。
IMG_4425s.jpg
いつもより多めにざっばんざっばん言うてます♪
ってこりゃ無理じゃね?( ̄□ ̄||)


しばらく出港を見合わせてたが、
偵察に出てた船が帰港。

渡れる磯は限られるが出れるとのこと。
急いで支度して乗船。


っつうか、これほんまに出れるんか??
港の出口、波が壁みたいになってんすけど。。( ̄▽ ̄)
でもまぁそこさえ抜ければ行けるって感じなのかな?

船は唸りを上げて「壁」を乗り越えていく。
高波を上って〜はい、急降下〜♪
ってチン寒!(((;>_<)ノ

リアル急流すべりを繰り返しながら何とか沖へ。
どんなアトラクションより怖い。。

IMG_4439s.jpg
出てすぐのタテジマはてっぺんまで波をかぶってる。
オオクラもエボシも死亡フラグ立ちまくり。
名礁コメツブなんてもはや沈み根のレベルw
ドウネも上がれず。

ドウネに守られたアシカは強い。
アシカで何人か下ろしてツナカケ、エンジマへ。

目当てはエンジマだったが他に2名上がるそうなので、
わしらは船頭まかせで他所へ上げてもらうことに。

IMG_4434s.jpg
さよならエンジマ


船は西の磯へ。

荒れ狂うニノシマに着け、数名渡してる最中に
真横から大きなウネリが襲う。

大丈夫かこれ??と一抹の不安が。。

船首を船着きに押し付けたまま船体がふわっと下がった直後、
ぐぁっと高々と持ち上げられ、横揺れしながら一気に落ちる。
チン寒アゲイン!言うてる場合ちゃうで(((;>_<)ノ

荷物を渡してたアシスタントの兄ちゃんが
バランス崩して磯から激荒れの海へ滑落!

掴んだままのお客さんのクーラーボックスが
浮き袋代わりになって船まで泳いで戻ってきたので
わしと兄貴と同乗者の3人で力いっぱい引き上げる。

頭打ったり切ったり船に挟まれたりしてたら死んでまっせ。。
ケガがなくてほんまよかったけど、マジ怖かった。。(+_+)

船頭は慣れた様子で(!?)
「がははっ今年はじめて落としてもうたわー」
言うて笑ってたけど、どんだけ荒くれもんやねんww

落ちたのが客じゃなくてケガもなかったから良かったものの。。
救助したわしらもビショビショ。
一緒に救助した同乗者さんはポケット破れて
イシダイ仕掛けの小物類全部流れて行ったとか。。
お気の毒に。。(+_+)

せめて、我がんとこの従業員助けてくれて
ありがとうの一言ぐらいないんかいな。。
とか思ってしまうケツの穴の小さなわしは
まだまだ海の漢にはなれそうにない?


んでま、他に上がれそうな磯もないってことで、
再びアシカに戻ってきて、わしらも上げてもらうことに。

わしにとっては初めてのアシカ。
成り行きとはいえ、名礁アシカに上がるなんて
なんかちょっと緊張したりして。。f^^;


船着きでわしと兄貴はズボで底物を、
親父はフカセで上物を狙う。

ちなみにこんな状況( ̄▽ ̄)

うねうね。一面サラシで真っ白。


開始早々、両型のメンドリがヒット。
IMG_4443s.jpg

その後もポツポツとグレやらメンドリやら
ベラやらガシラやらが釣れる。

しかし、潮が縦に横に巻いてフカセはコントロール不能、
ズボはあたりが取れず、何だかなーな状態が続く。

フカセを諦めてズボ仕掛けに切り替えた親父に
突然ダンプカーみたいなマッスルなヤツがヒット!

一気に走られ竿がのされる。
ジーーッ!!とドラグを出され、成す術もなくブチ切られた。

親父曰く「掛けた瞬間に獲れんとわかった」そうな。
「なんかもう、毎回ああいう得体の知れんバケモンにのされるから
 慣れてしもて悔しくもなくなったわ」言うて笑ってたw
まぁ何かわからんがモンスターですな。。


そしてしばらく沈黙が続いた後、
わしの竿に終わりを告げる魚がヒット。

IMG_4447s.jpg
タカノハダイ。皮肉にも今日一( ̄▽ ̄)

この魚は冷たい潮が入ってきたり潮が悪くなって
他の魚の食い気がなくなった時に活動する魚だそうな。
なので釣り人の間で“終わりを告げる魚”と呼ばれてるらしい。

※後から聞けば、渡船屋曰く、
 「他所ではそう言うけど、ここらはすぐに潮が
  入れ替わるからそうでもないんよー」とのこと。

針を飲まれて流血してたので〆てクーラーに入れたものの、
臭いがキツイのと鱗が取れないのとで厄介な魚らしい。
どないしょかしら^^;


その後、ヒラでも出んもんかとルアーも投げてみたけど
自分の前しか投げれんから数投でやめたw


10時半。

うねりに加えて風も出てきたし、他に渡れる磯もなさそうやし
釣れても釣った感がないので終了。


ドウネ向きに構えてた人は
50cmクラスのイシダイ&イシガキダイ上げてる人と、
ようさんグレ上げてる人もいた。

腕の差、経験の差、場所の差、道具の差。
理由は何にせよ、こんなババ荒れな状況下でも
しっかり爆る人ってのはほんま凄いと思うです。


帰港後、兄貴おすすめのポイントを教えてもらって
しばしエギングするも身が入らず小一時間で終了。
(もちろん異常なし( ̄^ ̄)ゞ)


まー、今回は釣果云々よりも状況にやられましたな。
荒れ狂う黒潮を前に人間なんざちっぽけなもんです。
コテンパン。


でも楽しかった!(^^)
どんなアトラクションよりスリリングでw、
どんな海より過激でワイルドで。
貴重な体験させてもらいました。


また行こうぜ。親父!兄貴!




 


 

posted by HEYっち at 23:22 | 大阪 ☀ | ツッコミ(0) | TrackBack(0) | 釣りの話とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事にツッコむ
お名前(ハンドルネーム): [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

ツッコミ: [必須入力]

この記事へのツッコミ






この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。