2012年01月30日

シマノ セフィアCI4 C3000SDH検討ちゅ。

寒い寒い寒い!寒すぎる(´-`).。oO

っちゅうわけでここ数日は釣りにも行かず
起きる→働く→食う→寝る、という
不毛なサイクルを繰り返しながら
日々コタツの中で春のデカイカに想いを
馳せてる所在でふ( ̄ー ̄)

で、前回ヌーヴォカラマを使って感じたこと。
それは…





 
 
 


 
 



リール重すぎ!




ってこと。爆

実は今使ってるリール、300g近くあったりする。( ̄▽ ̄)
カラマのロッド自重が107gに対してリールが300g。

こりゃ誰がどう考えてもロッド性能をスポイルしまくってる訳で。。


っていうのも、わし、エギング始めた頃に
激しくシャクリすぎてリールを破壊したことがあって。

まぁ、激しくシャクリすぎてというよりも、
根掛かりしてラインを切るのにドラグをギュウギュウに
締めたまま緩めるのを忘れてて、
そのままシャクり続けてたら ベールの関節部分が
ガコンって逝ってしもたっていうね( ̄▽ ̄)

いわゆるケアレスミスが原因とは言え、その時思ったのが、
ああ、こりゃいくつリールがあっても足らん釣りやな、と。
高いリールなんて買ったら痛い目に会うな、と。

そんなトラウマを背負いながら生きてきた訳でして。。


エギングってそれだけあちこちに負荷がかかるんやね。
始めたての頃は背中の筋を痛めたこともあったっけ。汗

良い子のみなさんはちゃんとシャクったら
ラインがジッジッと出るぐらいに調整しましょう。


加えて、そもそもタックルに疎いわしは未だに、
エギング用のリールなんて糸フケが取れりゃイイ的な
思想も持ち合わせてたりもする。

リーリングでルアーをプリプリ動かすわけじゃないし
掛けてから殺るか殺られるかのファイトを
繰り広げる訳でもない。

なので、何でもいいや的な発想で壊れても痛くない
安物リールを愛用してきてた訳でござりまふ。


ところが最近では過去の過ちに学んだせいか慣れたせいか、
ドラグを緩め忘れることもなくなった。
そして更なるステップアップを目指してロッドを買い替えたら
今度はリールに不満が出てきたっていう、典型的なあれでして。


わしがエギングに求めるリール性能とは、
単に、投げれて、禿げしくシャクっても壊れず、
糸フケが取れ、身切れしないようにフッキング出来て、
ジェット噴射に耐えれて、寄せられる。 かつ、軽い。


…たったこれだけのことなんやけど、
これらをきちんと叶えてくれるリールって考えていくと、
何やらそれなりに金がかかるらしい。汗


で、今検討してるのが、
シマノ セフィアCI4 C3000SDH。

(ハイギヤは要らん気がするけどどうなんでしょ?)

やっぱ、さすがは専用機ってだけあって
わしが欲しい機能を高次元で備えてる(っぽい)。( ̄ー ̄)
わしがっていうか、世間一般そうなんやろうけどねw


耐久性もドラグ性能も申し分ない(らしい)。
自重も200gとチョ軽!

このリール装着したらロッドと合わせても307g。
ひょぇぇ。。Σ( ̄。 ̄ノ)ノ

今までのロッドの自重が130gでリールが約300g、
合わせて約430gやったのが、一気に123g程減量する計算に。

あがが。ロッド1本分軽くなるやんか。
こりゃすげぇな。。


とまぁ、安物買いの銭失いのわしは、
ようやくその境地に辿り付こうとしてる訳やが、
初めっからそういうタックルでスタートしてる
賢人達にとってはそれが普通なんでしょうなぁ。


うーむ。そうなると早く欲しいなぁ。
来月の楽天ポイントで買っちまおうかなぁ。ニヤニヤ

今年モデルチェンジしたりするんかな?
まぁモデチェンしたらしたで今のが安く買えたり
お得な面もあるけど。

とりまフィッシングショー行ってから
決めた方がええんかしら?





 


 

posted by HEYっち at 12:53 | 大阪 ☁ | ツッコミ(0) | TrackBack(0) | 釣りの話とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事にツッコむ
お名前(ハンドルネーム): [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

ツッコミ: [必須入力]

この記事へのツッコミ






この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。